■仮想化‎ > ‎

VServer Install

仮想化でXenやVMWareとか考えてましたが、 I/O低下がどうも気に入らないので
オーバーヘッドの少ないVServerを使用してみた。
BSDで言うjail機構とほぼ同様の機能らしく、OSレベルでの仮想化なため
いくつか不便さを感じる所もありますが 高速で簡単なので結構便利だと思います。
ホスティング業者では結構使われているらしいです。

■インストール
# apt-cache search linux-image |grep vserver-amd64
つらつらとKernelが表示されると思うので一番新しいバージョンを確認
# apt-get install linux-image-2.6.xx-xx-vserver-amd64
# apt-get install util-vserver vserver-debiantools debootstrap     

再起動して、起動時にVServerのKernelを選択し起動。

■仮想マシン構築
# vserver <vserver> build --hostname <hostname> -m debootstrap \
--interface 1=lo:127.0.0.1/8 --interface 1=eth0:192.168.xx.xx/24 -- -d lenny    


<vserver>: VServerの名前
<hostname>: 仮想Serverのホスト名
IP: 自分の環境に合わせてください。
実行後、少し待てば完了します。

■仮想化マシン削除
# vserver <vserver> delete     

■仮想マシン操作・仮想マシンの起動
# vserver <vserver> start
・仮想マシンの停止
# vserver <vserver> stop
・仮想マシンへのログイン
# vserver <vserver> enter     


■自動起動
# echo default > /etc/vservers/<vserver>/apps/init/mark