■Postfix‎ > ‎

(OP25B)対応

Outbound25Blocking(OP25B)
最近、各ISPの迷惑メール対策で取り入れられる仕組。
これは、使用しているプロバイダのメールサーバを使用せず
送信されるメールを制限する仕組みです。
自宅サーバなどは思いっきり対象になるわけです('~')

■必要なパッケージのインストール
# apt-get update
# apt-get install libsasl2-dev     

※etchになってから?postfix-tlsはpostfixに組み込まれたみたい。
※Postfixに入っているパッケージ一覧

■main.cfの修正
# vi /etc/postfix/main.cf
下記を一番したの方にでも追記

relayhost = [xxx.xxx.xxx.xxx]:port

### smtp auth ###
smtp_sasl_auth_enable = yes
smtp_sasl_password_maps = hash:/etc/postfix/sasl/saslpasswd
smtp_sasl_security_options = noanonymous
smtpd_banner = $myhostname ESMTP unknown     

relayhost = [xxx.xxx.xxx.xxx]:port

リレーホストの指定。IPもしくはホスト名
各ISPに確認。サブミッションポートとかで書かれてると思います。

■認証ファイル
認証に必要な、ドメイン/ID/Passをファイルに書いてあげます。
# vi /etc/postfix/sasl/saslpasswd
xxx.xxx.xxx.xxx ID:Pass


ファイルを作成すれば
# postmap /etc/postfix/sasl/saslpasswd    

すべてできれば再起動してメール送信テストでおしまい。
ISPによってできない場合もあるかと思いますので
自分のISPで情報を確認して行ってくださいъ(`ー゜)