■Postfix‎ > ‎

SMTP応答コード

コードには3桁の数字からなり
1桁目は障害の種類
2桁目は障害の原因
3桁目は障害の症状
であらわされます。

2xx 正常系のコード
3xx 正常系でコマンド受け入れ後にさらに入力が必要
4xx 一時的なエラーで再度実行すれば成功する可能性かも
(2xxと3xxは通常エラーメッセージとして表示されることはない)

 コード  意味
 211  System status, or system help reply
 214  ヘルプメッセージ
 220  準備完了
 221  接続を閉じる
 250  要求された処理は実行可能 完了
 251  受信者が存在しないので[forward-path]に転送する
 354  メールの入力開始 入力終了は「.」のみの行を送信
 421  サービスは利用不能 接続を閉じる
 450  メールボックスが利用できないため、要求された処理は
 実行不能
 451  処理中にエラーが発生 要求された処理は失敗
 452  記憶装置の空き領域が不十分なため、要求された処理は
 実行不能
 500  文法に間違いがあるため、コマンドが理解できない
 501  引数の文法に間違いがある
 502  指示されたコマンドはこのシステムには実装されていない
 503  コマンドの発行順序が間違っている
 504  コマンドの引数が未定義
 550  メールボックスが利用できないため、要求された処理は
 実行不能
 551  受信者が存在しない
 552  ディスク不足のため、要求された処理は実行不能
 553  メールボックスの名前が不適切なため、要求された処理は
 実行不能
 554  処理失敗

上記表の各コードに共通
x0x 文法エラー
x1x 付加メッセージ
x2x SMTP接続関連
x5x クライアント側の問題