■Postfix‎ > ‎

POPbeforeSMTP Turbo10向け

TurboLinux10ではデフォルトMTAがPostfixになってます。
DracもInstall Diskにrpmで入っているのでそれをインストールします。

■Dracインストール# rpm -ivh drac-x.x-x.rpm

# vi /etc/sysconfig/dracd
    ENABLE_DRAC="no"
     ↓
    ENABLE_DRAC="yes"
    EXPIRE_TIME="30"
    リセットされる時間を指定(単位:分)
    この設定だと30分間IPを保持します。

     
■Qpoperの変更
configure時に--enable-log-loginをつけてなかったらつけて下さい。
後は、「Qpopperのインストール」と同じです。

■Postfixの変更
# vi /etc/postfix/main.cf
smtpd_recipient_restrictions =
    permit_mynetworks
    check_client_access btree:/etc/dracd/dracd
    check_relay_domains     


変更した後は、/usr/sbin/postfix reloadを忘れずに。

■自動起動
# chkconfig --add portmap
# chkconfig --add dracd
# /etc/rc.d/init.d/portmap start
# /etc/rc.d/init.d/dracd start      


受信を行えば、/etc/dracd/dracdにIPが記述されていればOK