■Postfix‎ > ‎

POPbeforeSMTP その1

不正利用を防ぐ目的でPOPbeforeSMTP方式を利用します。
POPbeforeSMTPにはDracを利用します。

■インストール
好きな場所にダウンロードし、展開してください。
Makefileの修正
#vi Makefile
INSTALL = install
EBIN = /usr/local/sbin
MAN = /usr/local/man/man
DEFS = -DSOCK_RPC -DFCNTL_LOCK -DGETHOST -DDASH_C
CC = gcc
RANLIB = :
CFLAGS = $(DEFS) -g
LDLIBS = -ldb
TSTLIBS = -L. -ldrac
RPCGENFLAGS = -C -I
MANLIB = 3
MANADM = 8
#make
#make install
make install-man
#cp libdrac.a /usr/local/lib
#vi /etc/mail/dracd.allow
 255.255.255.255 127.0.0.1     



■Qpoperの変更
Qpopperのインストール時の configureする時に
--with-drac=/usr/local/lib --enable-drac
を追加します。
後は、「Qpopperのインストール」と同じです。

■自動起動
dracd-setup.linuxを修正
 daemon /usr/local/sbin/rpc.dracd -i -e 5 &
 killproc /usr/local/sbin/rpc.dracd
# cp dracd-setup.linux /etc/rc.d/init.d/dracd
# ln -s /etc/rc.d/init.d/dracd /etc/rc.d/rc0.d/S99dracd
# ln -s /etc/rc.d/init.d/dracd /etc/rc.d/rc3.d/S99dracd
# ln -s /etc/rc.d/init.d/dracd /etc/rc.d/rc6.d/S99dracd
#/etc/rc.d/init.d/dracd start     


■Postfixの修正
# vi /etc/postfix/main.cf
mynetworks = 127.0.0.0/8
smtpd_recipient_restrictions = permit_mynetworks,
          check_client_access
          btree:/etc/mail/dracd,
          check_relay_domains  
   

変更後、/usr/sbin/postfix reload
POPアクセスを行い
#strings /etc/mail/dracd
でIPが載っていればOK
この場合、5分後にIPがクリアーされます。

■Debianの場合
#apt-get install drac qpopper-drac
のみでOK。
インストール後、Postfixの修正して完了。
この場合は、dracdの指定先は/var/lib/drac/dracdになります。

■確認
受信を行った後に
# db_dump -p /etc/mail/dracd.db
アクセス元が記述されていればOK
5分後に消える事も確認した方がいいですね。