■Postfix‎ > ‎

Qpopperインストール

ソースファイルを本家より最新版をダウンロードします。

好きな場所にダウンロードし、展開してください。
$ ./configure --enable-servermode --enable-log-login
$ make
$ cd popper
# cp popper /usr/sbin
# vi /etc/xinetd.d/popper
 service pop-3
 {
 disable = no
 socket_type =stream
 wait = no
 user = root
 server = /usr/sbin/popper
 server_args = -s
 }
# /etc/rc.d/init.d/xinetd restart     

以上。
別のPCからtelnet IP 110でアクセスできればOK
アクセスできない場合は
/etc/hosts.allowにpopper : ALLを記述。

■APOP対応版
$ ./configure --enable-servermode --enable-log-login \
--enable-apop=/etc/pop.auth

に変更。
他は同じ流れ。
インストール後に
# popauth -initで初期化をしてあげて
# popauth -user username (usernameは実際のアカウント)

で各ユーザにパスワードを設定。

■Debianの場合
# apt-get install qpopper
のみで完了。
APOPにしたいなら
インストール後にpopauth -initで初期化をしてあげて
popauth -user username (usernameは実際のアカウント)で
各ユーザにパスワードを設定。