■Etc‎ > ‎

Nagios3.2.0 インストール

3.2から?少し替わった模様。
PHPが必要になったりとか・・・PHP化していってるの('~')?

最新版の ソースファイルを本家よりダウンロードします。

0)事前作業
apacheとphpを入れておく必要があります。Sourceでも良いけど今回はaptで入れた。
# apt-get install apache2
# apt-get install libapache2-mod-php5
# apt-get install build-essential
MAPを出したければ。↓が必要です。
# apt-get install libgd2-xpm-dev     



1) ユーザとグループ作成
# groupadd nagios
# useradd -g nagios -m -s /bin/false nagios
# groupadd nagcmd
# usermod -G nagcmd apache ← aptでapache2を入れた場合は、www-dataになります。
# usermod -G nagcmd nagios     

2) インストール
$ wget URL
$ tar zxvf nagios-3.2.0.tar.gz
$ cd nagios-3.2.0
$ ./configure --with-command-group=nagcmd
※ApacheがSourceの場合、--with-httpd-conf=<path_to_conf>が必要かも。
$ make all
$ su
# make install
以下、アップデートの場合は実行不要(というかしちゃ駄目!)
# make install-init
# make install-commandmode
# make install-config     


3) Web設定
# make install-webconf
# htpasswd -c /usr/local/nagios/etc/htpasswd.users nagiosadmin
※nagiosadmin以外を指定したら動かなかったけど駄目なん?
# /etc/init.d/apache2 reload     

4) Nagiosプラグインのインストール
プラグインも本家においてあるので最新版をダウンロードします。
$ wget URL
$ tar zxvf nagios-plugins-1.4.11.tar.gz
$ cd nagios-plugins-1.4.11
$ ./configure --with-nagios-user=nagios --with-nagios-group=nagios
$ make
$ su
# make install     

5) 起動の設定
# ln -s /etc/init.d/nagios /etc/rcS.d/S99nagios
# /etc/init.d/nagios start     

これで、http://xxx/nagios/にアクセスすれば
認証のPOPが出るので htpasswdで設定したユーザとパスワードを入れれば
画面が表示されます。
デフォルトで、localhostの監視がいくつか設定されてます。

6) 設定とチェック/usr/local/nagios/etc/objects配下のファイルを修正していけば
監視対象の追加やもろもろが出来ます。

# /usr/local/nagios/bin/nagios -v /usr/local/nagios/etc/nagios.cfg

Total Warnings: 0
Total Errors: 0
Things look okay - No serious problems were detected during
the pre-flight check


と表示されればOK
ErrorsやWarningsが0以外ならどっか間違ってます('~')
OKだったら、nagiosを再起動。