■Etc‎ > ‎

ディスク I/O測定

・Read性能確認
■hdparmのインストール
情報を取得するためhdparmをインストール
# apt-get install hdparm

■HDDの状態を見てみるまずは現状いくら出るか確認
# hdparm -t /dev/hda

設定を確認
# hdparm /dev/hda
つらつらっと情報がでてきます。     

■パフォーマンス向上
DMAとIO_supportを変更する。
これによって結構違うもんですよ(*'-')
DMA on
# hdparm -d1 /dev/hda

I/O Support 16bitを32bitへ変更
# hdparm -c 1 /dev/hda

設定を確認
# hdparm /dev/hda

変わってればOK。

変更した箇所は、再起動したら元に戻るので
/etc/rc.d/rc.local等に追加しておく。
Redhat系の場合は、
/etc/sysconfig/harddisksに
USE_DMA=1を追加するらしい。

※設定変更した事によってHDD自身が壊れる事もあるので
  自己責任で・・・(゜Д゜)

・ Write性能確認
単純にファイルを作成すればいいだけ。
# dd if=/dev/zero of=/tmp/write.tmp ibs=1M obs=1M count=1024

/tmpにwrite.tmpってファイル名で書き出してるだけ。
1Mのファイルを 1024回書き込むので1Gのファイルが出来上がる。

参考
もりばんのゲーム工房
Manpage of HDPARM