■Apache‎ > ‎

Webalizerでログ解析

アクセスログの解析に使うツール。
すでに開発中止?

※Webalizerを使うためには別途GDライブラリが必要になります。
aptが利用できるならサクッと入りますね。
無いならrpmを拾ってくる or Souceから入れてください。

Downloadはこちらからできます。

■インストール
$ cd /usr/local/src
$ wget URL
$ tar webalizer-x.xx-xx-src.tgz
$ cd webalizer-x.xx-xx-src
$ ./configure --with-language=japanese --enable-dns
$ make
$ su
# make install


※--enable-dnsを付けるとmakeでこけるます。
dns_resolv.cの89行目あたりの#include <db.h>を
#include <db1/db.h> に書き換える。

■設定
インストールが終われば/etc/webalizer.conf.sampleが
あると思いますのでリネームして/etc/webalizer.confにして下さい。

設定が必ず必要なのは
LogFile --> Apacheのアクセスログファイルの場所を絶対パスで記述
OutputDir --> 解析結果HTMLファイルの出力場所を絶対パスで記述
HostName --> サーバのホスト名を記述(解析結果ページに表示される)
※他人には見せたくなければhtaccesst等で制限をかけておきましょう。

他の設定項目には以下のようなものがあります。
・Incremental
yesに設定すると解析結果を保存してくれます。
・PageType
htmlファイルとして認識する拡張子を設定します。
・HideSite
集計結果から隠したいサイトを指定します。集計値には含まれます。
・HideReferrer
集計結果から隠したいリファラーを設定します。集計値には含まれます。
・HideURL
集計結果から隠したいURLを指定します。集計値には含まれます。
・IgnoreSite
集計したくないサイトを指定します。
・IgnoreReferre
集計したくないリファラーを指定します。
・IgnoreURL
集計したくないURLを指定します。

■解析
# /usr/local/bin/webalizer
でOutputDirに指定した先にファイルが作られるので
ブラウザーで確認してください。

定期的に自動で解析するならCron設定をします。
# crontab -e
0 */4 * * * /usr/local/bin/webalizer
※この場合でしたら、4時間おきに解析します。